忍者ブログ

Journal

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どんなときでも、私は食べる

我慢できずに・・・(>_<。)久しぶりに漫画を買った。
少女漫画に連載されている作品を買って読むなんて何年ぶりだろう。その前に、漫画を読むこと自体が久しぶりだ。数ヶ月前、志村志保子さん作「女の子の食卓」について事細かく書かれた読後感想文を偶然見つけ読み、私はこの作品が絶対好きに違いない!と確信。そんな訳で、現在発売されている5巻までを購入した。


【女の子の食卓】

各ストーリーは読みきりの短編で、毎回鍵になる食べ物&飲み物への思いや思い出と共に、主人公達の心の変化が描かれる。短編+日常生活に寄った淡々とした話が多いせいか、1) 作品は全体的に華やかさに欠ける、2) ストーリーのパターンがある程度決まっている話が多い印象を受ける。
そんな訳で、私の場合は2)が原因で、すきな話がある一方そうでないものがあることも事実。そんな中で、特に好きなストーリーが下記の2つ。

check01.jpgcheck01.jpgcheck01.jpgcheck01.jpgcheck01.jpgcheck01.jpgcheck01.jpgcheck01.jpgcheck01.jpgcheck01.jpgcheck01.jpgcheck01.jpgcheck01.jpgcheck01.jpgcheck01.jpg


Menu : あの夏の甘い麦茶(2巻より)
私が見つけた感想文がこの作品についてのものだったこともあり、一番読んでみたかった麦茶と姉妹のはなし。
ストーリーは、姉妹が遊びに行った友人宅で出された甘い麦茶に始まる。家庭によって苦味があったり甘味があったり、違いが大きい飲み物の一つである手作り麦茶。そこで彼女達は、その甘い麦茶に違和感を覚える。
その後本筋では、壊れたかき氷機を直してもらおうと離婚し別居している父親に会いに行く。そしてそこで、父親には一緒に暮らす女性とその子供がいることを知りショックを受けるのだが、父親の変わらぬ優しい態度にほっとする姉妹。しかしながら、出された麦茶を一口飲んで愕然とする。甘かったのだ。何の躊躇いも無くその甘い麦茶を飲む父の姿を見て、「お父さんは、もう、うちのお父さんじゃないんだね」と、わかっているつもりで分かっていなかった事実を受け入れ涙し・・・・・ と、大筋はこんなはなし。
姉妹の目線1つで、2人の気持ちやそこに漂う雰囲気が伝わってくる話で、予想通り!わたしの好きなはなしの一つになった。5巻までに収められている数十ある話の中でも、とりわけお気に入り♪゛

Menu : 猫の好きななまり節(3巻より)
言ってはいけない一言。この話の中では、その一言を同級生の一人に言ってしまい、初めて自己嫌悪におちいる小学生の女の子のはなし。
友達と一緒の帰り道、おつかい帰りのクラスメイトに会い、買ったものを説明する彼女が最後に手にしたなまり節。「それってうちは猫にやるよ 猫の食べ物でしょ」 ・・・ クラスメイトの表情から、考えなしに口にしてしまった言葉を後悔する主人公。翌日彼女に謝り、気にしなくていいと言われるのだが、それからなんとなく避けられるようになる。いくら謝ろうと、あの時変わってしまった彼女の中の‘私’という人間を変えることが出来ないことを思い知り・・・・・ と、そんなはなし。
始まりに、主人公の足もとに猫がじゃれている一コマがあって、そこでは白黒のボーダーだった靴下が、ラストにあるとても類似した一コマでは真っ黒になっている。こんなところも、彼女の心の変化を表す一因なのかな~なんて思いながら読んでいた。母親の言動と表情もなんだか気になる(°L °)彼女にも思い当たる何かが昔あったのかもしれない。

check01.jpgtree22.gifMenu : おわりに
作者が自筆でイラストなんかと一緒にコメントを書いたページが最後にあるのだが、そのコメントの短いこと!書くことがないからか、それとも意図的に言葉数を抑えているのか気になるところ。因みに私の場合、言葉数が少ない時は、含意/含蓄を読んでほしいというより、単に言葉が浮かばないことが理由であることが多い(^^ヾ
 
PR

Comment

無題

  • オナモミ
  • 2009-07-11 08:12
  • edit
あははは~≪我慢できずに・・・(>_<。)久しぶりに漫画を買った。≫この≪(>_<。)≫がすごくよくわかります( ´艸`)絵がないと説明できない心情の部分…映像ではリアルすぎたりする部分…そんなものがあるので、漫画には素晴らしいものもたくさんあるのですが、やはり大人は躊躇しますよね( ´艸`)わたしもこのお話、きっと好きですヮ~( ´艸`)やばい、やばい予感…きっとヴィレッジヴゥンガードにあるな…

≪因みに私の場合、言葉数が少ない時は、含意/含蓄を読んでほしいというより≫
おんなじ、おんなじ~( ´艸`)大体下町っ子は開けっぴろげですから、裏表も含蓄もありゃしないんですが( ´艸`)だから逆に「猫の好きななまり節」のような相槌って打たなかったりしますネ。よくワカラナイ時・知らない時は「へぇ♪」「ふぅん♪」…いつもは立板に水と喋るので、口数が少ないと、相手がたくさん説明してくれます( ´艸`)

無題

  • misono*
  • 2009-07-13 22:13
  • edit
久しぶりに買う漫画が、ヴィレッジヴァンガードにありそうな漫画なら‘アリ’という気もするのですが、「女の子の食卓」は集英社のりぼんマスコットクッキーレーベル!小学生の頃、一時期りぼんを毎月読んでいた時期があったので、余計に子供の読むものという印象が強かったのです。
でも今は、りぼんは‘りぼん’と‘クッキー’の二つに分離していて、クッキーに載っている作品の方が大人向け(と言ってもメインの対象者は中高生くらい?+漫画好きの大人)の話が多いようです。

今回紹介した二作品は小学生の女の子が主人公なのですが、他にも成人した女性が主役の話も幾つもあって・・・女友達の性格や優先順位がボーイフレンドが出来てから変わってしまうことをテーマにした話とか。こういう話を読むと、大人も退屈せずに読める話もあるな~と、思うのです。


そして・・・
他に昔と違った点と言えば、今はインターネット上で漫画が読める時代!!
この作品も各巻最初の数ページを試し読みすることができます。
http://www.s-manga.net/author/shihoko_shimura.html
↑お時間ある時にでも是非~♪゛


>大体下町っ子は開けっぴろげですから、裏表も含蓄もありゃしないんですが( ´艸`)
皆がそうだったら、ある意味ありがたいですね~(笑)
でも、裏表があるからこそ、良くも悪くも人間性に深みが出ることもあるのかな~。


無題

  • オナモミ
  • 2009-07-17 08:44
  • edit
見てきましたっ!う~~~~ヤバイです!超好み~( ´艸`)絵柄も、間も!………ぬほほ……図書カードで買ってしまおうカシラ( ´艸`)試し読み、いいですねぇ♪うふふ。

≪でも、裏表があるからこそ、良くも悪くも人間性に深みが出ることもあるのかな~。≫
あはは、どうなんでしょう。想像の域を出ないわたしです。会議やプレゼンの多い会社員人生だったので、より裏表ナシ子に拍車がかかっているような。「察せよ」だと時間がかかっちゃうんですよネ。ふふふ。
察せよ発言は関西の方に多く、なぜかかなり出版会で目立つ新潟出身の方は、下町とは少し違ったドマンナカ☆トークが印象的でした。お国柄で、それぞれの「粋」があるんですよネ。下町っ子は、端的に、且つ、ちょっと面白い四字熟語や諺を挿入してショウアップするのが好きですネ。度を越すと「大風呂敷野郎」になります( ´艸`)

無題

  • misono*
  • 2009-07-29 00:09
  • edit
>察せよ発言は関西の方に多く・・・
(°_°φ メモメモ。
逆に何でもハッキリ仰る方が多いのだと思っていました。


そうそう、家の近くにあるヴィレッジヴァンガードには、この漫画がありましたよ!置いてあるとは思わなかったので、かなり驚きました。オナモミさんは、このお店の色をよ~く解っているのですね(^v^)

Name
Title
E-MAIL
URL
Comment
Password

Calendar

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Profile

HN:
misono*
性別:
女性
自己紹介:
【My Favourite Things】

■ 建築/家具
(特にギマール・ティファニー)

■ 映画/アニメーション/ドラマ
(実写/アニメーションを問わず、奇想天外なアイディアが手法やストーリーラインに含まれている作品・現実味のある作品)

■ 本&音楽
(ジャンルや言語を問わず幅広く)

■ 写真
(最近のお気に入りはI Suchocki)

■ 手作り
(テキスタイル・毛糸を使用した物作り+絵を描くこと)

My Library

Latest Comments

[12/08 misono*]
[12/06 オナモミ]
[10/11 misono*]
[10/05 オナモミ]
[09/23 misono*]

Bar Code

Search

Copyright © Journal : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]