忍者ブログ

Journal

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Satoshi Kon Week

「見よう/読もうという気はあるけれど、なかなか時間を割くことが出来ない」
な~んて言い訳をしていると、あっという間に読みたい本や見たい映画・ドラマ・TV(DVD)のタイトルでノートがいっぱいになる。
そんなリストに、昨秋からずっと鎮座しているのが今敏監督作品。映画‘パプリカ’に始まり、TVシリーズの‘妄想代理人’を見たところまではよかったのだが、その後が続かずおよそ一年が過ぎてしまった/(_ _)\あちゃ~。
でも、そんな怠惰な私とはお別れ(^o^)今週は今敏 week ♪゛


【PERFECT BLUE】

mono19.gif mono19.gifmono19.gif






--- イントロダクション ---

アイドルグループの一員であった未麻は女優への転身を図る為、ドラマで大胆なシーンを演じヌード写真集も出版。やがて彼女に、‘裏切り者’というFAXが届き、ストーカーの影が忍び寄る。その後次々と彼女に関わる人達が惨殺されていき、ドラマで演じる役に浸食されるように自身の二重人格を疑う未麻。そんな彼女の前に、卒業したはずのもう一人の‘アイドル未麻’が出現する。
虚構と現実、夢と幻、そしてサイバースペースが複雑に絡み合い、物語は展開する(一部オフィシャルHPより抜粋)。

c14d9a3e.jpg
今さんの初監督作品である本作‘パーフェクトブルー’。もっと早くに見ておけばよかったー/(_ _)\ と、思える作品だった。
これまでに見た事のある作品と同様、しっかりした構成と物語が流れるようにスピーディーに進む点が◎。そして、今さんお得意(?)の、何が現実でどれが夢・幻なのか分からなくなるような、アニメーションの良さを十分にひき出した作りになっている上に、ストーリーはサスペンス。主人公の周りで起こる事件が何者によって起こされているのか推理しつつ、ラストの種明かしは落胆することも無く、ある意味予想通りの展開。軸になっている物語は、実写でこんな話があったような・・・と思ってしまう、そんなありがちな話なのだけれど、この作品の良さはストーリー<構成。現実と虚構が入り混じり、一見ごちゃごちゃしているようにも思えるが、短時間によくまとまっている話だと思う。

調べてみると、最新作は‘夢見る機械’というタイトルで、来年公開される・・・かもしれないとのこと。大きな方向転換をして今度は子供向け作品らしく、楽しみも倍増↑ 映画館に見に行きたいナァ。それにしても、テレビ局や出版社がスポンサーにならないと認知度を上げることは難しいのだろうか。私の周りでは、今監督作品を知らない人が非常に多い。



監督:今敏
出演(声):岩男潤子・松本梨香・辻親八・大倉正章
82分 (1998)


PR

Comment

Name
Title
E-MAIL
URL
Comment
Password

Calendar

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Profile

HN:
misono*
性別:
女性
自己紹介:
【My Favourite Things】

■ 建築/家具
(特にギマール・ティファニー)

■ 映画/アニメーション/ドラマ
(実写/アニメーションを問わず、奇想天外なアイディアが手法やストーリーラインに含まれている作品・現実味のある作品)

■ 本&音楽
(ジャンルや言語を問わず幅広く)

■ 写真
(最近のお気に入りはI Suchocki)

■ 手作り
(テキスタイル・毛糸を使用した物作り+絵を描くこと)

My Library

Latest Comments

[12/08 misono*]
[12/06 オナモミ]
[10/11 misono*]
[10/05 オナモミ]
[09/23 misono*]

Bar Code

Search

Copyright © Journal : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]